07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

こんな時だから,行ってきました.

2011.09.21 (Wed)

台風もかなり近づいてきまして,外は強い風が吹いてますが,皆様~大丈夫でしょうか?

私といえば,昨日の事ですが,台風が近づいているにもかかわらず,

あるところへ出かけてきました~.

あるところとは,

またまた,京都~!

というのも,京都市美術館で開かれている,

“ワシントン・ナショナル・ギャワリー展に行ってきたのです.

IMG_2123.jpg

ここの美術館では,向かって左側は,これ

IMG_2122.jpg

右側がこれ

IMG_2124.jpg

と,同じ美術館の右と左で,世界有数の画家の展覧会がおこなわれ,

どちらとも,入場料が1500円だったこともあり(ちょっと高いーー;)

フェルメールもいいけど,

ゴッホ,マネ,モネ,セザンヌ,ルノワール,ロートレック・・・・などの,

画家,オールスターズの絵画が展示されている,

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展の方へ入りました~.

この方たちの絵画は,いわば,印象派,ポスト印象派・・・なるものでして,

今までの宗教画が主だった時代背景から,もっと自由にその時代背景や,

自然などを描いたものとなっていったようですが,

素人の私から見れば,

なぜか,人物の表情が,無表情で無愛想なものが多く(まあ,それもこれも,文明の急激な発展への反発みたいな

物と,専門家さんは書いてあったけど・・・)

ちょっと,人物画は,私にとってイマイチのものが多かったです.(なんだかエラそうで,すんません^^;)

風景画や静物画は,けっこう気にいったものがありましたけど・・・

で,とりあえず,気に入ったポストカードなるものを買いました.

IMG_2137.jpg


で,今日の待ち時間なんだけど,0分~V

以前,ここで開催された,

ルーブル美術館展は,

2時間待ちだったもんね(--;)

台風が近づいてきたので,人が少なくて,ゆっくり見れたし,

出てみたら,雨もやんでて,しっとりとした京都の街並みを歩くのも,

また情緒がありました~.

IMG_2128.jpg

IMG_2129.jpg

IMG_2133.jpg

そうそう,この三条大橋のところで,昔,惨殺な事件が多発してました~.

橋には,幕末の“池田屋事件”での,刀傷やなんかもあったりで・・・

おぞましい出来事を見ていた橋(今は,何もなかったかのようですが)を渡り,

四条河原町まで歩き,今日もまたまた,懲りない面々で,ひざを痛めたという次第でした(--;)
スポンサーサイト
11:11  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

私は30日にフェルメールのとワシントンナショナルギャラリー両方行きます★
実はフェルメールの無料券が手に入ったので(笑)
友達と行くんですが1日久々の京都観光を楽しもうと思ってます(^O^)
詔子 |  2011.09.21(水) 23:51 | URL |  【編集】

京都にはお彼岸のお参りに行こうと思ってますが
美術館は日を改めて行ったほうが空いていますよね。

11月27日までならまだまだ余裕がありますね。
きっと、行きます☆
雨の日、狙い目ですね(*^^)v


ルーブルはあたしが中学か高校かの時代にも京都で公開されたのを覚えているのです。
その時見た、「凄さ」今でもしっかり覚えています☆
芸術って良いですね(*^_^*)
ホウキ☆ |  2011.09.21(水) 23:56 | URL |  【編集】

コメント,ありがとうございます~.

★詔子さんへ,

いいな~,無料券が手に入ったんですねV
なかなか,二つともなると,お値段がはりますが,どちらも,見る価値ありだと思います.
楽しんできてね.
平日がおすすめかな?

★ホウキさんへ,

やはり,芸術の秋~ってことで,
ちょっと出かけてきました.
こんな日だっただけに,空いてて
ラッキーでした.
また,平日にでも行かれたらいいかと思います.
EMI |  2011.09.22(木) 19:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/916-90fbc8c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |