07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

一日に一つ、好きなことをしよう。

2010.06.23 (Wed)

最近思います。

いじいじどうしようもない事で悩んでいても、

どうにもならない時は、悩むの辞めて、

そうだ!一日に一つ、好きなことをして、

気持ちを豊かに持っていこう~ってね。\(*^▽^*)/


好きなことといっても、お金をかけたり、時間をかけたりするんじゃなくて、

たとえば、お休みの日に、

ちょっと、お気に入りの本持参で、落ち着いた喫茶店で

ジャズの音楽聴きながら、コーヒー飲んで、

小一時間過ごすとか・・・


一輪の可愛い花買ってきて、一輪挿しにいけて、

眺めるとか・・・


日頃、食べれないような、美味しそうなケーキ一つ買って、

自分へのご褒美として、食べるとか・・・


そんな、ちょっとした自分への頑張ってきたご褒美というか、好きなことして、

一日一日、過ごして行きたい。


大金持ちにならなくても、

心豊かに過ごせそうだもんねV


IMG_0408.jpg








スポンサーサイト
17:49  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

ステキだな~。

そういう気持ちを持てるEMIさん、とっても素敵です!
私ね、悩み始めるとやっぱりとことん悩んでしまったりするのだけど、
気持ちの持ちようで違って見えたり、
切り替えが出来たりすること、ありますよね^^

どうせ同じ一日を過ごすなら、
少しでもいい気分で過ごしたいですものね。

いい写真ですね~!
どちらなのかな?

なんだか私も気持ちが和みました。
ありがとう^^
ブルー |  2010.06.23(水) 20:06 | URL |  【編集】

今日のタイトル気に入りました。
そうだよ!
ママもそうする事は良い事!
やっぱり、自分が好きなことは...良いパワーをくれる源です。

そして、最後の大金持ちになれなくても。。。

そうだよ。
家族で仲良く、沢山の経験をともに出来き、自分の心も豊かに出来たらそれ以上の幸せは、めったに見つからないはず。

カントリーママ |  2010.06.24(木) 08:23 | URL |  【編集】

こんばんは!

「1日にひとつ、好きなことをしよう」
↑↑うんうん、私もステキだと思います、この言葉。
そうですよね、ちょっとしたことを何でもいいから自分のために・・・!!!
いいかもしれませんねぇ~(^ー^)

自分へご褒美をしてあげると心もウキウキしちゃうし!
私も気持ち豊かになりたいから、何かやってみようかな。

まめ子ちゃん |  2010.06.24(木) 19:21 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます~。

★ブルーさんへ、

素敵だなんて言ってもらえて、とっても嬉しいです。
悩んで解決できることなら、それはそれでいいんだけど、どうしようもない事って、あるじゃないですか~

そういうことに、こだわってると、どんどんつまらない人生になっちゃいそうでね・・・

自分が幸せじゃないと、他人も幸せにできないような気
がして・・・
まあ、前向きに生きたいと思う、私の提案ってとこです。

★カントリーママさんへ、

タイトル、気にいってもらえて、とても嬉しいです。

やっぱ、人生できるだけ楽しく送りたいもの~
ちょっとした自分へのご褒美って、
パワーの源のような気がするのよね。

自分は幸せな気分でいられたら、
他人にも、幸せ分けてあげれそうだもの~

やっぱ、家族が仲良く、楽しくいられることが、
幸せの原点のような気がします。

★まめ子ちゃんへ、

ほんの、ささやなか事でいいと思うんです。
ちょっとした自分へのご褒美ってとこでしょうか。

そうすることによって、パワーも充電できるような気がするのです。

自分へのご褒美のあとは、家族へもご褒美あげたいな~。
EMI* |  2010.06.24(木) 22:18 | URL |  【編集】

★ブルーさんへ、

そうそう、この写真の場所は、京都の府立図書館の公園です。
EMI* |  2010.06.24(木) 22:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/703-b07e1063

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |