07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

図書館での受難。

2010.06.17 (Thu)

サッカーワールドカップも、だんだんと、のりに乗ってきましたね~。

ワールドカップといえば、サッカーのあまりよく判らない私としても、

イケメンちゃんを見るだけでも、けっこうルンルンくるんですが・・・\(*^▽^*)/

まあ、それはそれで一つの楽しみとしてと・・・

日本は、19日のオランダ戦頑張ってね~V


ってことで・・・


水曜日のお休みの日に、お散歩がてらに、午後の図書館行った時の事。

相変わらず、中年以降のおじさんの多いこと。

きっと、家にいても奥様に煙たがられてか?

涼しいからか?

ほんと、多いんですよね。

おじ様達に、しっかり場所を確保されつつも、

なんとか、座る場所を確保し、本を読み出してまもなく、

幼稚園帰りの母親と、子供の集団と遭遇してしまいました~。

私は、いや~な予感がしたのだけど、

予感的中で、まず、子供達が、ざわざわ騒ぎ出しました~( ̄ω ̄;)

その横で、母親の集団は、ぺちゃくちゃおしゃべり初めて・・・

もう、子供は、ほったらかし~!

(おいおい、誰か、注意してくれよ~!)


こんな時にかぎって、図書館の人も注意しない(--;)


子供対親の一対一の場合は、けっこうわが子を注意するものだけど、

集団ともなると、これまた話は別で、みんな勝手に騒ぎ出す。

もう、自分達の世界に浸っているバカ親達を見てて、

おまえら~!そんなんだから、こんな子供らに育つんじゃ~!

と、思わず、言ってやりたかったけど・・・・

結局、だれも言わないし(自分も言えなかったーー;)

そのうち、嵐のように、その集団は去っていって、ホッとしたのであります。

(まあ、そのあと、ベビーカーで泣き叫ぶ、子連れにも、ちょっと悩まされたけどね。)


まあ、そんなこんなで、ゆっくり静かに、本さえ読めず、

何冊か借りて、そそくさ帰りました。

最近は、静かだろうと思って入った喫茶店でも、同じ様な事があり、

集団というものの、恐怖を、ちょっと感じちゃいました~w( ̄△ ̄;)w


この、図書館で借りた本の中に、

“銀行マンお笑い日記”

というのがあって、元某大手都銀に勤めていた銀行マンの、

銀行内部の出来事を、面白おかしく書いてあるんだけど~

まあ、それ読んでてね、うんうん。そうだよね~

とか、いろいろうなずけることも書いてあったけど、

ここまで書いて、大丈夫かいな~?

と、思える事もあってね。

(ちなみに、銀行員は、たとえ退職しても、そこで起こった事は、他言してはだめ!という、

暗黙の掟が、あったはずなのに・・・w( ̄△ ̄;)wおおっ!)

と、ちょっと気になりました~。

まあ、私も、そんなことでいいのなら、一冊本にできそうな事いろいろあったけどね・・・。

でも、読んでて楽しかったわ。

さあ、それでは、ふたたびサッカー観戦でもしよっと・・・。





スポンサーサイト
21:03  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

集団心理?

1人でいたら守れるマナーも、
集団となると、つい気が大きくなってしまったり、
『みんながいるから』となってしまう人、多いように思います。

でも・・・
その子供たちにとっても、よくないですよね。
『お友達と一緒なら、騒いでもママは怒らない』って思わせちゃう危険性があると思います。

図書館で騒ぐなんて、厳禁なのに。

親バカは歓迎だけど、
バカ親はごめんですね。

ブルー |  2010.06.17(木) 23:05 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます~。

★ブルーさんへ、

そうなんですよ~。
集団ともなると、なかなか注意できなくなる・・・。

勇気を持っていえる人間になりたいとは思うけど、
私自身、言えなかったし・・・(--;)

でも、みんなに迷惑かけているという事実は
変わらないから、勇気をもって、
言うべきことは、言わなくっちゃ!
って、あとで思いました~。
EMI* |  2010.06.18(金) 23:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/699-901e731f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |