05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

阪神淡路大震災の集いへ

2017.01.17 (Tue)

阪神淡路大震災から、今日でちょうど22年目となりました。



会場へ向かう途中で、無料でおぜんざいが配られていて、いただいてきました。





会場運営の方々、どうもありがとうございました。

とっても、温まりました。





ご遺族の方々への配慮という事で、

遠目に撮らせていただきました。

ちょうど、私が出かけた時間が、

東日本大震災のあった時間帯でもあった事もあり、

午後2時46分に、1分間の黙祷を…

神戸から、祈りを込めて…

1分間は、なんだかとても長く感じられました。

その後、別の会場での、震災のために作られた歌を聞き、思わずホロリとなりました。


当時、私は、社宅住まいでして、

2人の幼な子のタンスの上から落ちてくる落下物を布団でさえぎりながら、

火事場の馬鹿力で、主人とともに
守った覚えがあります。

カーテンレールにタンスがひっかかり、
運良く、倒れなかった。

今があるのは、あのカーテンレールのおかげです。

ちょっとした運、不運が、

運命を分けた日となりました。

今日は、あの日を偲び、

祈りの日といたします。
スポンサーサイト
16:23  |  神戸  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

もう22年・・・EMiさんはあの日の神戸にいらっしゃったのですね。あたり一面瓦礫の山になっていた神戸からの中継画像が今も脳裏に焼きついています。その一瞬の運命を分けるものとは何なのか・・・亡くなられた方、その御親族の胸の内を思うととても胸が痛みます。
あの時、カーテンレールに守られ、こうして今も家族皆さんで過ごせているEMiさんのお話を読み、一瞬一瞬をもっと大切に生きなければと改めて感じました。
Piyosophy |  2017.01.18(水) 00:04 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます。

☆piyosophyさんへ、

22年目と言う月日が流れましたが、
ご遺族の方々にとっては、一生その悲しみは続いていくのかなと思いました。
私は、運良く命は守られましたが…
今も、どこかで災害や戦争がおきていますが、
自分でできる範囲で、身を守る事も大事ですね。
それと、日々を大事に過ごしていきたいものです。
EMi* |  2017.01.18(水) 08:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/2118-7a742c6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |