09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

置かれた場所で咲いていた方が趣があるかも…

2015.11.07 (Sat)

京都国立博物館で開かれている、琳派展へ出かけてきました。



本日の待ち時間は、40分との事。

多い日には、4時間待ちの日もあったようでして…(^_^;)

そんなに凄い展示会なのか?と、思いつつも、並んで待ちましたが…

そもそも、琳派とは、俵屋宗達や、尾形光琳などの画家達が、安土桃山時代から、江戸時代にかけての、公家や武士の絵かきと言うよりも、庶民にも受け入れられるものを描いてきた、400年に渡る、絵画の流派と言ったらいいのかな?

その中でも、今回は、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の、風神雷神図屏風が、3点セットで揃い組に並んでいたことが、話題になったみたい。

私としたら、建仁寺で見た、俵屋宗達の風神雷神図を見てるわけでして、

ごった返す、人ごみに揉まれて、

こんな綺麗な新館で見るよりも、

建仁寺の趣のあるお寺の中で見てる方が、ずっと素晴らしかったと思ったのであります。

でも、どちらかと言うと、風神雷神図よりも、花鳥風月の方が見てて、良かったけど…

とにかく、人が多すぎるのと、

この空間で見るのが、何か違和感を覚えました。


この博物館の周りのお庭がまた、素敵でして、黄金色の紅葉?も、なかなかの見ものでした。


京都三条にある、わらべうたのわらべうたランチです。

ここのランチは、本当にリーズナブルで美味しいです。

特に、このお味噌汁は絶品!

小鉢も凝っていて、一つ一つがとても丁寧につくられているにもかかわらず、税込1080円は、ありがたいです(*^_^*)



今回は、食後のコーヒーも注文です。

(コーヒーは追加で200円)

豆からのひきたてで、香り豊かでとても美味しかった~♪

カップも素敵♪

このランチを食べに来るだけでも、

京都へ来る価値ありです。
スポンサーサイト
10:28  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

京都まで行ってこられたのですね。近くていいなぁ~
都会の美術館だと待ち時間もあるのですね。
大変ですね。だとしたらこの間の「ルーブル展」はすんなり入れたから特別だったのでしょうね。
私はこの間の美術館で日本画を改めてみましたが、こちらもいいですね。
それにしても「わらびうたらんち」の豪勢なこと!たくさんの食材を使っていて体によさそうです。手前のおかずは何ですか?
京都もすっかり秋ですね~
りえっち |  2015.11.08(日) 15:42 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます。

☆りえっちさんへ、

家から、1時間ちょっとで行けるのと、阪急電車の割引切符だと、片道420円で行けるので、またまた出かけてきました。
この、赤の小鉢の中は、タコとわけぎのぬたです。
下のお皿は、ナスと挽肉です。
なかなかのお味でした。
やはり、出汁が効いてるのでしょうね。
お味噌汁もサイコー!
EMi* |  2015.11.08(日) 19:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/1899-86cffb52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |