05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

どうしようもない悲しみ

2014.06.23 (Mon)

金沢にて、友人宅に一泊泊まったわけだけど、
彼女は、一人っ子で、離婚して
母親と二人暮らしです。

彼女の母親は、高齢ですが、今のところ、ご飯の用意や身の回りの事は出来るものの、やはり83歳ともなると、物忘れや、ちょっとした老人性鬱になったりで、彼女は今後の事を考えると、
どうしようもない思いにさらされるそう。

母親とは、いつまでも一緒にいられるわけもなく、いずれ一人になった時、
彼女自身、天涯孤独におちいる…
今は、仕事を頑張ってるわけだけど、

彼女の話を聞くに連れて、
どうしようもない悲しみが伝わってきました。

1日も長く、お母さんと穏やかな日々を
過ごしてもらえたら…

ただ、それだけしか言えませんでした。

もしものことがあったら、
出来るだけ、彼女の力になりたい。

私に何が出来るかわからないけと…

ちょっとした私の悩みなんて、
彼女の悩みに比べれば、
まったく、屁である。

せめて、社会の仕組みがもっと老人福祉に積極的になって、
欧米並の、介護施設に希望する国民が入れるようになったり、お金がなくても
老後を国が、なんとかしてくれるような
日本になってくれたらいいのに…

税金が、欧米並になってもね。


スポンサーサイト
23:16  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

私の家庭でも 身にしみる話です。

人には 笑顔のクーさんも
裏を返せば
それしか私の心にはないです。。。。
くーさん |  2014.06.24(火) 09:44 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます。

☆午前中回線障害?かで、ネットが出来ませんでした(^_^;)
10代、20代、30代あたりまでは、けっこうたいした悩みもなくても(今にしてみれば)過ごせて来ましたが、
年々いろいろ、思い悩むことが増えて来ているようです。
どうしようもない悩みって、本当にどうしていいやら…
でも、楽しい事もなきゃ人生つまんないですね。
EMi* |  2014.06.24(火) 17:20 | URL |  【編集】

今の日本、現場は頑張っていますが、
政治家や官僚の理解は得られてないですね。

これからどうしていくか、
超高齢化社会を迎えるところで腕の見せどころでもありますが・・・・。

応援しておきました。ポチッ
矢田@医療職兼業トレーダー |  2014.06.24(火) 20:55 | URL |  【編集】

☆矢田@医療職兼業トレーダーさんへ、

コメント、及び訪問ありがとうございます。
確かに、医療現場の方々には、がんばってもらっていますけど、おっしゃる通り、政治家や、官僚の理解が
なかなか得られませんよね。
彼女の悩みは、親の介護ばかりではなく、
あとに、自分しか残らない…自分が亡くなっても
受け継ぐものがいない…と、奥深いものがあります。
難しい問題ですね。
EMi* |  2014.06.24(火) 21:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/1538-7273a8fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |