07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

レ・ミゼラブルを見に行って、泣いてきました。

2013.01.30 (Wed)

昨日は、前々から気になっていた、

レ・ミゼラブルの映画を、見に行ってきたわけですが、

IMG_0488_20130130120109.jpg


めちゃめちゃ、感動しました~V

最後のシーンなんか、泣けるは、泣けるは・・・で、


フランダースの犬以来の感動だったかも・・・

ちなみに、ロードオブザリングや、ハリーポッターなどの、大作でも

途中で寝てしまった、この私が・・・

最後まで、寝るどころか、

惹きつけられて、見てしまった次第です。

今まで、一度は、読んでみたいと思ったこともあったけど、

あの、本の分厚さに圧倒されて、

半世紀も、こんな素晴らしい話を知らずにすごしてきたんだな~なんてね。

知らなかったからこそ、

感動も、ひとしおだったとも言えるでしょうね。


その後、午前の就活を終えた娘と、三宮で落ち合って、

栄ゐ田という、ミシュランの一つ星のお店の

ランチに行ってきました~。

IMG_0480_20130130115624.jpg

IMG_0481_20130130115643.jpg

2の膳までついてて、1500円と、意外とリーズナブルでした。

とにかく、ご飯と、お味噌汁の美味しいこと~♪

素朴な、和風料理ですが、

こういう物こそ、本当に美味しいものなんだな~と、実感でした。

しかし、このミシュランの味をしめた、娘。

また、連れてって~!とのこと。

あまり、美味しいものの味を覚えさすのも、どうか・・・(ーー;)

金がかかるよ~!

スポンサーサイト
12:02  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

話題の映画ですね。

いろんなところで評判を聞きますが
皆さん、おススメされていますね。

私も行ってみようかなぁ~~。
きっと名作になるだろう予感がしています。

ランチ、上品な感じでいいですね。
あれこれ食べられて女性には
ぴったりって感じです。
葉月 |  2013.01.30(水) 21:51 | URL |  【編集】

私の大好きな物語の一つ。
DVDが出るまで我慢です。
一回じゃ治まらないので10回ほど観ますから。
感動に巡り合えて良かったね。
待ち遠しいな。

そしてこのお料理
今の私はこういうのもしか受け付けられないのです。

胃がお上品になってしまったかな。

食べたいな。
koo |  2013.01.30(水) 22:09 | URL |  【編集】

こんばんは。

映画はもう何年も観に行っていません。
あのお尻が痛くなるのがちょっと苦手なのですよね
でもレミゼラブル
ぜひ観てみたいですね
あとトラと漂流した・・映画も
なんかすごく気になってます

ランチすごくおいしそう
りぃ.。*ママ |  2013.01.30(水) 22:09 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます。

★葉月さんへ、

絶対、見たほうがいいと思いますV
ほんと、おすすめです~。
久しぶりに、感動を覚えました。
この年になると、本当に、感動を覚えることが少なくなっていただけに、私にとっては、
朗報でした。
料理も、美味しかったです。
やっぱり、和食は、落ち着きますね。
胃にも優しかったな~。

★kooさんへ、

kooさんは、DVDが出るまで待ちますか?
やはり、映画館は、また格別ですよ。
迫力もありますし・・・
10回見たら、英語も覚えられるかな~?
私もDVD買おうかな?

最近は、胃に優しい食べ物を好むようになりました。ミシュランといっても、ランチはお得感があります。
娘が、感激して、
就職したら、初任給で、夜の高いコース料理に連れてってくれるそう。
楽しみです~。

★りぃママさんへ、

最近の映画館は、座席もとっても座り心地が良くなりましたし、膝当ても貸してもらえるので、それを当てておくのも手ですね。
洋画は、やはり、大画面で、ちょっと後ろの真ん中あたりで見るのが、もっとも感動的です。
とっても素晴らしかったので、お勧めですV

EMI* |  2013.01.31(木) 11:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/1202-d750fa5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |