09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

この、憂鬱な気分は、どこから来てるのかな~

2012.05.15 (Tue)

今日の、私の仕事は、頑張ってさっさとやったこともあってか、

20分前に、一応片付いたので、他の方のお手伝いをしつつ、

時間が来たら、帰ろうと思っていたら、

案の定、

EMIさん、今日時間ある?もしあったら、ちょっとお仕事残ってもらいたいのだけど・・・

と言ってきた。

私としたら、度重なる残業で、正規の時間に帰った事が、最近まったくなく、

おまけに、体調もイマイチでして、

「あの~ 今日は、ちょっと帰らさせてもらいたいのですが・・・」

と言って、時間がきたので、帰ることにしました。


最初の契約時とは、まったくもって、待遇がちがって、

残業、残業、残業・・・・・

もう、クタクタもいいとこです(ーー;)


今日の、お天気も、なんだか浮かない雨模様。

友達のこと、考えたりしてたら、

ますます、憂鬱になってきたりでね・・・。

彼女には、あと、一ヶ月いられるのなら、

次の仕事が決まるまで、

何言われようと、自分からやめるとは言わずに、

新会社が、決まった時点まで、

勤めた方がいいよ。と

昨日の夜、電話をしておきました。


会社は、自己都合で、辞めるのを、待っているような感じで、

私としたら、すっごく嫌な気分です。

どうも、そこの職場の、ドンみたいな、50すぎのおばさんが(あらら、自分と同じぐらいかな?)

上の、人間に、チクったようで・・・

なぜ、母子家庭の彼女を、

もっと、みんなで協力して、見守って、やれなかったのか?

本当に、悲しい現実です。

私も、今の職場には、それなりに、不満もあるけど・・・


ある程度の年齢になってから、

新しいことに挑戦しようとするのには、

本当に、勇気がいるもの。

世の中が、もっと優しくなれたらいいのにね。
スポンサーサイト
15:50  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

やはりある程度、形が出来上がっている
職場ってむずかしいのかもしれないね。

「よく募集が出ている会社は長続きしないと原因があると思え」と聞いたことも
あります。

よく、新しくオープンするお店とか
あるけどそういうところの方が
みんな1からスタートでいいのかもね。

いい仲間に出会えることで毎日は
全然違ってくるからEMI*さんも無理はしない下さいね。
葉月 |  2012.05.15(火) 22:04 | URL |  【編集】

EMIさん やはりもう若くないと言うことじゃないですか?
若い時は 「無我夢中」
でも いろいろこなして 人生の方程式が見えてしまったいる今 いろいろ何でも読めてしまう。。。。
大人になれない大人がたくさん見えてしまうと 働く意欲も失せる。。。
銀行などの経験が多く それなりにそこは秩序のある職場だったし 目に見える嫌なことも隠されていたでしょうし。 
販売業 製造業などはあれぇ~と思う 人が多い。。。
特にオバサンでその道だけで生きてきて あまりこなれていない人。。

EMIさんがボスなら すごく周りを温まるボスになれるはずだけどそこまで行くには
10年?
慣れるまで 本当に大変だと思うなぁ~
koo |  2012.05.16(水) 08:02 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます~。

★葉月さんへ、

そうですね。
途中入社の場合、いろいろ難しい面もありますね。
彼女は、はっきり言って、上司に恵まれなかったみたい。
早速、今日から、新しい仕事さがるっていってたけどね。
私も、今いろいろとあるんだけど、
もうちょっと頑張ってみようと思います。

★kooさんへ、

そうです。若くないから、苦労が絶えないといおうか・・・
どんなに、一生懸命やろうと思っても、
老眼で、見にくかったり(ーー;)
体力的に落ちてきて、つい行動が遅くなったり・・・
そういうことも考慮してもらいたいものです。
ボスになる以前に、辞めてるでしょうね。
もう、体力も気力もなくなりそうです。
EMI* |  2012.05.16(水) 21:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mamaemiko.blog103.fc2.com/tb.php/1078-f919b8d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |