09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

旅のお土産

2013.10.14 (Mon)

今回の旅行では、ブランド品などは、ほとんど買わず、
ちょっと、思い出に残る物をチョイスして買いました。

まず、モンマルトルで買った、絵画。





一応油絵です。
無名の画家ですが、なんとなく気に入りました。



リバティーのデパートで買った、トートバックと、ハンカチ、ハギレ。



ワイン、チーズ、クレープ生地など…



この、絵葉書、何と12枚でたったの2ユーロ。
モンマルトルのお土産屋さんで買いました。
メチャメチャお買い得でした。

前回もちょこちょこと買ったので、あとは、チョコなどのお菓子類ですね。

それと、何よりのお土産は、記念の写真でした。



あっ、ブランド物は、化粧品ってとこです。

こんなもんですね。
スポンサーサイト
23:21  |  パリ、ロンドン旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

モンマルトルは、刺激がいっぱい。

2013.10.10 (Thu)

サクレクールへ向かう、モンマルトルの丘は、とにかく、スリ、ぼったくりの多い所と言う事で、用心して行ったのですが、
影絵画家に、つい捕まった娘



おお~プリティガールとか言われてる間に、ささっと、こんな感じにされてしまいました。

これ、20ユーロ。(^_^;)

しょうがなく払ってしまったんだけど、本当似てる!

これが、裏表で、2枚でした。
まあ、これは、記念になったと言う事で、戒めの為、飾っておく事に…

まあ、こんな感じで、本物の画家?
ニセモノの画家?
いっぱいいました。





この人、お金を渡すと動くのですが、
それ以外は、びくともしません。凄いです。



こんな感じのおじさんの演奏もあったりで、楽しかったな~





ここは、ピカソなども通ったところらしいです。



ムーランルージュの歓楽街。
日中なので、こんな感じでした。

パリで一番楽しかったかもね。

帰ってきた今、掃除、洗濯物の山で、
現実に戻ってます。(^_^;)
20:45  |  パリ、ロンドン旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ロンドンの素敵な場所

2013.10.10 (Thu)

ロンドンは、街並みがとても綺麗で、公園も多く、素敵な場所がいっぱいありました。



まず、私達が泊まったホテルですが、お花がとっても素敵でした。



ホテルの窓から見えるお庭も綺麗にガーデニングされてました。



ここは、セントジェームスパークです。
りすやハト、水鳥も居て、ほっとする空間でした。













トラファルガー広場での日本祭りで、嵐や彩香、ドリカムや美空ひばりなどの歌を、イギリス人の方が歌ってました。
何だか、ここは日本?って感じでした。





また、機会があれば、是非行って見たい街です。
10:22  |  パリ、ロンドン旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

パリの素敵な場所

2013.10.09 (Wed)

パリって、本当に絵になる場所が多くって、お気に入りの景色をちょっとまとめて見ました。



オルセー美術館からの眺めです。



ここで、セーヌ川クルーズしました。







バスチーユ広場です。



ここのそばのカフェで食べた、イチジクのケーキが、とってもとっても美味しかったな~(*^_^*)



サクレクール寺院の中に入って、日曜礼拝をみてきました。

これもまた、凄かったです。





ここの白い家は、エリック.サティが住んでいた住居





映画、アメリの舞台となったカフェでの、有名な、クリームブリュレ。
美味しかったです(^_^)v

まだまだ、いっぱいあるけど、この辺にしておきます。

明日は、ロンドンのお気に入りの場所です。
19:48  |  パリ、ロンドン旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

パリでの怖かった事。

2013.10.08 (Tue)

今回のパリは、過ごしやすい気候だったこともあり、有名どころの観光地は、だいたい回ったわけですが、前回の冬場とは違って、スリ、ぼったくりなどの軽犯罪の場面に、本当に良く出会ったし、実際怖い思いもしました。

まず、オルセーから、ルーブルにかかる、この橋の上で、金の指輪をわざとあなたのではないの?と、拾ったふりをして、お礼を要求するやからを、発見。



また、ルーブルや、セーヌ川沿いに出没する、ロマの子(ジプシーの子)達の寄付金詐欺集団。
ちなみに、名前を書いてと、何度も要求されたけど、完全無視しましたが…



モンマルトルの丘では、案の定、ミサンガ売りの黒人集団が、サクレクール寺院へ向かう道をふさぐように、立ってて、これまた警戒して、素早く通り抜けましたが、ひっかかって、腕に結ばれたら、50ユーロ程(6500円程)取られたりするとか…



一番怖かったのは、帰りの空港へ向かう、ロワシーバス乗り場で、例の寄付金詐欺集団の女の子が、娘にぶつかってきて、コートを思いっきり引っ張られ、通り過ぎた後、娘のスマホが無い
( ̄O ̄;)
すぐ、娘は追っかけて、スマホを持っていた子を発見し、これは私のよ!と、言ったら、落ちてたから…と行って返してくれたけど、あの時気づいて無かったら…持っていた子を見つけられなかったら…と思うと、ぞっとしました。(~_~;)
コートのポケットは、要注意ですね。

あれから娘は、パリが嫌いになったと、しばらく呆然としてました。

これからパリへ行こうとしている方は、充分に気をつけてくださいね。

でも、それでもパリは、素晴らしい景色と、陽気な人で、素敵な街でした。















ここの、マカロンは美味しかったです~(*^_^*)
22:01  |  パリ、ロンドン旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |  NEXT